03-6657-1951 事前にご連絡頂ければ時間外も対応いたします。
お気軽にお問合せください。
営業時間
平日9:00~18:00

負債 相続

  1. 神木司法書士事務所 >
  2. 負債 相続

負債 または 相続に関する基礎知識記事や事例

  • 遺産分割協議書の作成遺産分割協議書の作成

    遺産分割協議書は、どのように作成するのでしょうか。以下解説していきます。 まず、遺産分割協議書の作成に際し、用紙に特別な指定はなく、どのような紙に書いても問題ありません。 また、ワープロで印...

  • 遺留分とは遺留分とは

    遺留分とは、被相続人がその財産のうちで一定の相続人のために必ず残さなければならない財産額のことを指します。 例えば、被相続人が特定の相続人に「全財産を相続させる」旨の遺言を残した場合であっても、...

  • 住宅ローン完済後の抵当権抹消手続き住宅ローン完済後の抵当権抹消手続き

    ■抵当権とは そもそも抵当権とは、債権者が債権の担保として債務者又は第三者から占有を移さずして提供を受けた不動産などにつき、他の債権者に先立って自己の債権の弁済を受けることのできる約定担保物権で...

  • 遺言書の書き方遺言書の書き方

    遺言書には、主に以下の3つの種類の遺言書が存在します。それぞれについて、その特徴と書き方をご紹介します。 ■自筆証書遺言 自筆証書遺言とは、遺言者が生前に自ら作成する遺言書のことをいいます。具...

  • 不動産登記を司法書士に依頼するメリット不動産登記を司法書士に依頼するメリット

    不動産の売買などによって権利関係が変動した場合には、不動産登記を行わなければ第三者に対して所有権を主張することが出来ません。 この不動産登記は個人で行うことも不可能ではありませんが、個人で行う際...

  • 遺言書の検認遺言書の検認

    ■遺言書の検認の意義 遺言書の検認は、遺言書の保管者や発見者が、遺言書の死亡を知った後、家庭裁判所に遺言書を提出して行うものです(民法1004条1項)。検認は、遺言書には、偽造や変造・隠匿のおそ...

  • 相続に関するご相談は神木司法書士事務所にお任せください相続に関するご相談は神木司法書士事務所にお任せください

    神木司法書士事務所は、地域に根差し、法律に精通した司法書士が、日々相続手続き業務を行っています。 相続手続きを、手軽に、簡単に行うことができるよう、尽力いたします。 相続の手続きは、是非当事務...

  • 公正証書遺言公正証書遺言

    遺言があるだけで、相続の際には遺産分割が円滑に進むようになります。そのため、遺言により、誰にどの財産をどのくらい相続させるかということを事前に記しておくことが大切です。遺言の方法にはいくつかあり...

  • 不動産の相続登記(所有権移転)不動産の相続登記(所有権移転)

    この場合に必要となる準備書面は、被相続人の出生から死亡までの経過が分かる戸籍全部事項証明書、被相続人の住民票除票、もしくは戸籍の附票、相続人全員の戸籍謄本、相続人全員の印鑑証明書、相続人の住民票...

  • 相続放棄相続放棄

    相続放棄とは、一切の遺産を相続することなく放棄することをいいます。 相続放棄のメリットとして、初めから相続しなかったものとみなされることから、被相続人が有する債務を負担する必要がなくなります。...

神木司法書士事務所が提供する基礎知識

よく検索されるキーワード

ページトップへ