03-6657-1951 事前にご連絡頂ければ時間外も対応いたします。
お気軽にお問合せください。
営業時間
平日9:00~18:00

法人登記 変更

  1. 神木司法書士事務所 >
  2. 法人登記 変更

法人登記 または 変更に関する基礎知識記事や事例

  • 不動産登記を司法書士に依頼するメリット不動産登記を司法書士に依頼するメリット

    不動産の売買などによって権利関係が変動した場合には、不動産登記を行わなければ第三者に対して所有権を主張することが出来ません。 この不動産登記は個人で行うことも不可能ではありませんが、個人で行う際...

  • 住所・氏名変更の登記住所・氏名変更の登記

    引っ越しや結婚・などによって氏名や住所が変更した場合には、運転免許書や住民票の内容を変更するのと同様に、不動産の登記に関しても変更の申請を行う必要があります。 しかしながら、氏名や住所の登記を行...

  • 売買の登記売買の登記

    土地や建物の不動産を購入した際には、登記を行わなければ第三者に所有権を対抗することが出来ません。 したがって不動産売買を行った際には「所有権移転登記」を行う必要があります。所有権移転登記を行う不...

  • 贈与の登記贈与の登記

    土地や建物を身内に無償で引き渡すことの事を「贈与」と呼びます。 例を挙げると、「親から土地を譲り受けた」や「マイホームを妻の名義に変更したい」などと言ったケースは、全てお金のやり取りが存在せず不...

  • 不動産の抵当権抹消登記不動産の抵当権抹消登記

    被相続人の所有していた不動産に抵当権が設定されており、抵当権設定登記を抹消したい場合には、どのような手続きが必要となるのでしょうか。 債務が完済しており、抵当権が消滅した時期が、相続開始の前後...

  • 自筆証書遺言自筆証書遺言

    ■自筆証書遺言(民法968条) ・方式要件 自筆証書遺言は以下の要件を満たしたものでなければなりません。 (1)遺言者が遺言書の内容をすべて書く (2)遺言書作成の日付を書く (3)氏名の自署...

  • 法人登記法人登記

    個人で事業を行うよりも会社を設立して事業を行うと、信頼を得られやすくなりまた、税金対策の面で有利になることがあります。法人化には多くのメリットがあります。 法律上、登記して初めて会社が誕生する...

神木司法書士事務所が提供する基礎知識

よく検索されるキーワード

ページトップへ